大半のカジノホテルにはレストランやルームサービスがありますが、外部の宅配サービスを利用する人もいます。外部のレストランのデリバリーサービスを利用すれば、カジノのレストランやビュッフェの内容に縛られることなく、好きなものを食べられます。しかし、これは可能なのでしょうか?また、コスト的にはどうなのでしょうか?

世界最大のギャンブル都市、ラスベガスのカジノホテルでは、ルームサービスやカジノのビュッフェ、レストランなどを利用せず、外部のフードデリバリーを利用できる場合もあります。宿泊しているカジノホテルがそれを認めているのか、デリバリーサービスがカジノへの宅配に対応しているのかを確認することが重要です。Postmatesやウーバーイーツといったフードデリバリーサービスは、カジノホテルの宿泊客の間で非常に人気です。宿泊先の部屋まで届けてくれるサービスもありますが、大抵は客室係に受け取ってもらって、自分で取りに行く場合がほとんどです。もちろん、注文したものの大きさなどによっても異なってきます。

カジノホテルへフードデリバリーを注文する際は、食事が届くまでの時間を考慮しましょう。ラスベガスのストリップ通りにあるカジノの場合、ドライバーがひどい渋滞に巻き込まれることもあるでしょう。また、カジノで無料の駐車スペースを見つけられず、料金を請求されることもあります。このような場合は、食事がすぐに届くことは期待できません。部屋まで届けてもらう場合は、配達員の苦労も考えてたっぷりチップを渡すようにしましょう。

多くのレストランは、注文の最低金額を定めています。50ドル程度の場合もありますが、街の中心から離れている場合、最低額はさらに高くなることもあります。予想よりも多くの料理を注文させられることになってしまうのです。また、駐車料金がかかったりするようなカジノの場合、こうした経費も請求されます。

フードデリバリーサービスは、カジノ側に利益をもたらすケースもあります。フードデリバリーサービスがあれば、あまり利益の出ていないレストランや厨房などを閉めてしまうこともできるからです。さらに選択肢が豊富な外部の飲食店に食事を注文できれば、ゲストは食事のためにカジノフロアを去る必要はなく、カジノに留まってくれます。

また、今のフードデリバリーは完全無接触で行うことも可能なので、カジノ側もCOVID-19の規制を遵守し、通常の状況に戻るまでは、リスクのあるビュッフェなどを一時的に中止することもできます。リサーチによると、人が密集し、誰でも自由に食べ物に触れられるビュッフェ形式は、ウイルスの感染拡大を引き起こす可能性が否めず、その人気は低迷しているようです。現在の状況においては、カジノでの食事のオプションとしては、フードデリバリーの方が遥かに安全なのかもしれません。

待ち時間や高額なチップなどを考慮すると、フードデリバリーがルームサービスよりもコスト効率に優れているかどうかは怪しいところです。その点を理解したうえで、フードデリバリーを利用するのであれば、問題なく食事を楽しめることでしょう。